絵の心理学(アートセラピー)と言葉の心理学から学ぶ。

Pocket

心理学では心を浄化させる原則があります。

そのことを「カタルシス」といいます。

カタルシスとは

涙を流して泣くと、なんだかスッキリしたことがありませんか?

このような効果のことをカタルシス効果といいます。

元々は浄化や排泄を意味する医学用語です。

現在では、ストレス解消法の一種として知られています。

心理治療にも使われています。

溜まった悪感情を吐き出すことで良くなることです。

特にカウンセラーや医師に話を聞いてもらうと効果が高くなります。

注意すべき点は、「攻撃的な行動で発散させようとすると、逆効果になる」こと。

却って逆に「火に油を注ぐこと」になります。

話すだけではない、書くという方法でも浄化効果がある。

殆どのカウンセラーは、話を聞くという方法ですが、書くという方法も取り入れている。

戦争のある国の子供たちに「自由に絵を書いていい」と言うと、戦車や軍用機、銃などが描かれ、家やビルを破壊している絵が描かれます。

そうであっても、書くという行為で精神的なストレスは少なくなり浄化されます。

この方法は、絵を書くという「発散方法」が心理的な良い効果を生むことを明らかにしています。

代理的な発散方法ですね。

ところで、NHKの「チコちゃんに叱られる」という人気番組でも、この手法が使われているのをご存知ですか?

「ボーっと生きてんじゃねーよ」という、あの名場面もその1つです。

絵手紙の場合も、心理学と大きな関係がある。

芸術で自分の心を知る「アートセラピー」がもたらす効果の1つ。

 

   芸術で自分の心を知る「アートセラピー」がもたらす効果とは?という記事の紹介

 

アートセラピーについては、他の投稿記事でも取り上げます。

心理学から学ぶ、もう1つの原則。

カール・ロジャーズ の心理学によると、2・7・1の法則があるという。
自分の意見に、無関心、ある程度共感する人、反対し批判する人の割合だと理解しよう。
つまり、全ての人に理解され共感されることはない、ということ。

カウンセラーに求められるもの~基本的な3つの態度

1つは「自己一致」あるいは「純粋性」 、

2つ目は「無条件の肯定的配慮」あるいは「受容」

3つ目は「共感的理解」と位置付けられています。

さまざまな現在のカウンセリングにおいて、カウンセラーに求められる基本的な態度として提唱されています。

「自己一致」とは、カウンセラーが感じていることと、相談者と対する際の言葉や態度が一致しているかどうかということです。

カウンセラーがありのままの純粋な存在であろうとすれば、相談者もありのまま自分となって心を開きます。

2の「無条件の肯定的配慮」とは、

相談者が訴えている内容や感情、行動をカウンセラーの価値観などを交えず、無条件に受容すること。

相談者を尊重するという思いの表れであり、ありのままの自分を受け入れられたと実感できた相手は、自由に自分を表現できるようになるといわれています。

3の「共感的理解」とは

相手の立場に立って物事を見る」ということです。

今ここ、この瞬間の相手をあたかも自分自身のように感じる。

相談者の訴えや感情を自分のことのように感じて理解し、それを正確に伝えることができたときは、自分の内面をもっと自

由に経験できるようになることができます。

これらの心理学の専門家の話題をみると、絵手紙と共通するものがたくさんあります。

1)自己一致と純粋性。 絵手紙を送る人の「絵と言葉」が、受け取る人の感性と一致していること。

そうであれば、受け取り手は「自分と同じ感性だ」「私のことが良く分かる」と感動して受け取ってくれます。

2)受容。ありのままの自分を受け入れてくれる。ありのままの自分の絵と言葉が、一層その人を引き付ける。

 もし、送り手が極端に上手な絵、使う筆や絵の具が高級品を使ってかいている場合、または、使っている言葉が極度に上品な言葉の場合は「私とは違う」という印象を与えるでしょう。

これは、上品さを好む女性たちにありがちな「間違った姿勢」です。

心理学的にもそういうことが言えます。

ヘタに書きましょう。ヘタのほうが人の心を共感させ、相手の心を開きます。

3)共感的な理解。

世代が近い年令であれば、共感しやすい。女性、主婦同志なども話題や感性が合いやすい。

共通する地域なども共感を呼ぶ話題、同じ時期に同じ花が咲くので理解し易い。

そのように、共感を得易い絵や言葉を書いていきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました