相手に合った励ましの言葉を使うには。

Pocket

下記の関連記事と重複する部分があるかもしれません。

心に伝わる言葉とは、心を動かす言葉とは

特に(心を動かす言葉)と(励ましの言葉)の意味が重なるからです。

なぜ、励ましの言葉が必要なのですか?

私はそんな弱い性格ではないという方も多いでしょう。一般的に、多くの人は現在よりもより良い人生(環境・文化も)求めてきて発展してきた。その「より良い人生」には個人差があるものの、共通するものも多いことに気づくことでしょう。共通するのは、苦痛が減って快適が増えることです。それを幸福とか楽しさと表現しています。幸福が自分だけでいい人もいますが、夫婦、家族、子供、友人、仲間、地域の人、同じ国の人、敵国も含めた全世界、など幸福を求める範囲は広い。誰を励ましたいのですか?と質問されたらどう、答えますか?家族や親しい友人の中に、困難な問題を抱えている人がいるかもしれません。ここで取り上げる「励ます人」とは、自分自身と家族、親しい友人などの比較的狭い範囲の人だとご理解下さい。

人生を改善するには、自分が変化しなければならないと分かっている。

今のままで良いなら、今が苦痛だとしても、そのまま継続しかない。改善したい、変化したいと皆が思っている。けどできないのはなぜ?その「変化したいけど、できない理由」の中には様々なものがある。急激な変化は嫌い、能力的に無理、お金のかかるのは嫌という理由もあることでしょう。色々な意味で変化できない悩みもある。表面的な悩み、軽い悩みのほかに、心の悩み、内面の深い悩みもある。ポイントは、その人を形成してきた人生経験です。環境や経歴の背後にある心の思い、心の叫びを聞き出して向き合わなければならない。そこに向かって、少しづつ自己吟味を促すこと。それが、励ましの方法です。よく頑張っていると、応援するだけでいい場合もあれば、具体的なアドバイスもあります。変化しよう、前進しようという気持ちを「交通止め」にするのではなく、「その道でいいよと案内する」だけで十分と心得ましょう。

誰かを励ますとき、どんな立場で接しますか?

誰かを励まそうとするとき、親しい友人として接することが多いことでしょう。その人との個人的な関係の深さによりますが、「古くから知っている普通の友人」「共に似たような困難を経験して、仲間意識が強い友人」では違いがあります。どちらかといえば、サッカーの試合の応援をスタンドからする場合と、試合の中で一緒に走ってボールを回して応援する場合の違いです。同じグランド内からと、離れたスタンドでは全く違います。老いた親の介護で、苦戦しているときに、兄弟姉妹が励ます場面があります。こうしたらいいと意見を言ったり、必要なものがあれば送るよという応援や励ましのタイプ。もう一つの励ましは、介護の疲れをとるために、自分が一日だけでも変わって作業をしてやる励まし方があります。盲目のランナーと一緒に走る伴走者の姿をイメージして、励ましましょう。このように、励ます側の立場を考えるときに、次のような立場になることもできます。1)医師、専門医として 2)上司やリーダーとして 3)仲間、親友として4)伴走者として、 5)支持するフアンとして の5つ。

少しの励ましでいいのか、十分な励ましが必要ですか?

片足を痛めた友人を支える場面を想像してください。一人で支えられる程度のケガですか?そうであれば、全力で支えると良いでしょう。十分な支えが必要な場面では、一人ではなく二人以上で支えなければなりません。同じように、誰かを励まそうとするときに、一人で無理をするのは現実的ではありません。励ましの言葉も、強い励ましの言葉は止めましょう。かといって、重い病気や介護が必要な人を励ますときは1回だけでいいはずはありません。一人の人を励ますために、複数の友人に声をかけ、毎週のように誰かの絵手紙が届くようにするのはどうでしょうか?

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました