言葉の実例集(健康・病気)

Pocket

言葉の実例集の分類 1.生き方・人生・自分 2.幸せ・励まし 3.自然(花・野菜)
4.家族・友人・会話 5.健康.病気 6.仕事

(健康・病気)の中には老化、死なども含まれます。
言葉の意味を曲解しないで、善意と積極性で読み取ってください。
ランクはABC。
Aのランクは、簡単なもの。難易度は低い言葉の理解力が低くても伝わる言葉。
Bのランクは、一般的 難易度は中中学生以上のレベル。普通の大人向き
Cのランクは、深い言葉、一工夫された言葉。難易度は高い。名言や格言に似ている。


いい言葉は閃いたのではない、愛情をこめて考えた結果の言葉です。

 

1(5-A)動いてくれた体。進んでくれた足。ご苦労さん。ありがとう。

2(5-B)朝、目が覚めた。そうか、私は今日も生きているんだな。ありがとう。

3(5-B)友人に「元気です」は挨拶と口癖。本当は診察券が増えていく一方だ。それで、元気。

4(5-B)痛みに耐え、自分の我慢強さを褒めて病院に。我慢しないほうがいいと言われ、気落ち。

5(5-C)なるほど、生まれたこと、今生きていること、それが、普通と思っていたが奇跡だった。

6(5-C)いつ死ぬかもしれないから好き勝手に生きよう。待てよ、長生きするかもしれないから丁寧に生きよう。

7(5-B)お大事にが、「毎度ありがとう」に聞こえる。耳鼻科病院の受付。聞き違い?

8(5-B)医師は薬のセールスマン。患者は大げさな演技の新米の役者になれ。

9(5-B)自宅では何も無くてもつまずく。人混みでは躓かない。人混みが嫌いのはずなのに。

10(5-B)トンボの眼には多くの私が映っているはず。からかって、千円札を見せてやった。

11(5-B)新聞記事、先に見てしまう訃報の欄。知人の名前無く、安堵のため息。

12(5-B)「いいのかい、こんなに頂いて」薬局に頭下げ下げ、薬をもらう。

13(5-C)都合悪くなるとすぐ入院したがる政治家。そういう人は病院のタライ回しがいい。

14(5-A)元気な病人。朝5時に診察券を出しに病院に行く。参った。

15(5-A)薬のドラックストアより、我が家のアロエが利く。お茶はドクダミ茶。どれも無料。

16(5-B)高齢になり、専門医よりも病気の知識が広がった。経験がものをいう。悔しかったら罹って見よ。

17(5-C)なやむことあって、病むヒマなし。お金なく、支払いのために仕事に夢中。

18(5-B)看護師さんの包むような笑顔を見ているだけで、体の痛みが薄れていく。痛み止め効く。

19(5-C)いい加減がいい。何を加えるか、運動だ。何を減らすか、お酒と体重だ。

20(5-C)捨てたい気持ちあるけど捨てられない。余分な脂肪と余分な見栄。


21(5-B)なあんにもしていないのに、腹減った。何もしていないのに息をして生きている私。

22(5-A)この頭が悪い。なんぼ、お金を吸わせても、それでも毛が増えぬ。

23(5-B)顔の皮、中古品。化粧品を塗っても、シミとシワが増えるのみ。わっはハハ。

24(5-C)入院も悪くない。平凡な時には見えないものが見えてくる。友の真心も。

25(5-B)ある程度の健康でいい。家族が健康であればそれだけでいい。体裁悪い中古車で我慢する。

26(5-C)宝くじに当たらず、脳梗塞に当たったよと友人。生きてるだけでも儲けものと笑う。

27(5-B)話が通じない人がいた。病気もお金の苦労もしたことがないという人だ。かわいそうに。

28(5-A)老化すると体力が落ち、視力も落ちる。視野も狭くなり、心の視野も狭く融通が利かない。

29(5-C)夢の中でお金と健康、どちらをとると聞かれた。健康と答えた。今はお金が無い。

30(5-B)お見舞いは、花より現金がいいという友。現金を使わず、去っていき豪華な花に囲まれていた。

31(5-C)最後まで騙されたふりして去っていく、その演技力。もったいない。

32(5-B)救急車に2回、乗って見た。2回とも、車の中がどうなっていたか記憶になし。これ私。

33(5-B)コロナ禍で、いいこともあり。老けた顔とシワとシミをマスクで隠せて幸せ。

34(5-A)寂しさ感じない。耳鳴りで、車の騒音とセミの声が年中聞こえるから。

35(5-B)おかしいな。周りの皆が、どんどん老けていく。最近、鏡を見ないから。

36(5-B)若者よ。年をとるのは楽しいよ。悔しかったら、追い越してみろ。

37(5- )男だ、負けてたまるか。まだ、髪あるぞ。カミさんも元気で口げんかは負けばかり。

38(5-B)この願い、無理だろうな。一つ齢とったら、一つ美しくなること。楽園です。

39(5-B)シワとアセの人生。それで、シアワセ。シワもアセも長く生きた証しで幸せ。

40(5-A)当年とって、今70歳という。いつも、とうねん(十年)さばを読む母上。


41(5-A)また、漏らした。オシッコではない、友の悪口、余計な一言を漏らした。

42(5-C)卵の中から叩いて殻を破って出てくるヒナの姿。殻の中で生きる力を身につけている。すごい。

43(5-C)成人した若者よ。なぜ、自然に大きくなったと思うの?。人も動物も地球も自然にできたと教えられてきたよ。唖然。

44(5- )

45(5- )

46(5- )

47(5- )

48(5- )

49(5- )

50(5- )

(5- )

(5- )


(5- )

(5- )

(5- )

(5- )

 

 

タイトルとURLをコピーしました