情報の多いことがストレスの原因になっている時には

幸せとストレス克服
Pocket

情報過多シンドロームの意味

「情報過多シンドローム」という言葉がある。

最初に聞いたとき「情報肩、しんどーいルーム」と聞いてしまった。(笑)
知っていた情報を思い出せないばかりか、思い出すにも時間がかかる。
忘れることが多くなったという経験が増えて困るという方は多いのではないでしょうか。

そういう悩みを抱える社会人が増えてきて、
その原因の一つとされるのがこの言葉です。
多くの情報を処理しきれずに脳の方が「もう、入りません」という状態です。

その症状の名づけ親である天野恵一氏によると、
「脳の限界を超える容量を詰め込んでいるため、新しいことが覚えられない」という。

あなたの脳は処理能力を超えていると言われれば、
「スマホならもっと容量の大きいのに変えればいい訳ですが、人間はそうはいかない。

そこには、精神的、心理学的な要素が関係しているという。
自分には必要な情報が不足しているという意識(不安感)が根底にあるからだという。
その思い込みによって、慢性的に自分は情報が不足しているという状態になっているという。

常に新しい情報に接していないと不安でしょうがないので、
無理して取り入れているうちに、そのようになるという。
私も含め、思い当たる人も多いでしょう。
言わば「情報が消化できない、消化不良、下痢状態」です。
汚い例えで申し訳ないが、分かりやすいでしょう。

専門家が教える方法、それはデジタル機器から離れる時を決めること。

その一つはデジタル機器から離れること。
目的は、脳に休憩をあたえること。
集中と休憩の交互に取り入れる方法は、集中力を高めることにつながる。
分かっていても、実行できていないなら、「休憩時間をアラームで知らせる設定にする」のは
どうだろうか?デジタルを利用して、休むように設定する。
逆転の発想です。

脳に入れるものを、その重要度によって分ける方法

脳に入れる前に、入り口を分けるのがいいそうです。
優先順序、脳に入れる情報を分けましょう。
メールでは重要度を分けても、自分の脳に入れるのを分ける人は少ない。

仕事をAとBにそれ以外をCに入れてみましょう
仕事に関係するものでも、ABCの3つに分ける。
細かく分けないのがポイント。
目標は、脳を休ませ、覚えることを少なくするためです。

意外に、休憩時間にテレビを見て、脳が休んでいるはずなのに
広告の商品名やタレント名を覚えてしまっている。
そうした今まで無駄にしていた「脳の体力」をもっと休ませていきましょう。

意外に、休憩時間にテレビを見て、脳が休んでいるはずなのに
広告の商品名やタレント名を覚えてしまっている。
そうした今まで無駄にしていた「脳の体力」をもっと休ませていきましょう。

脳の活性化を妨げているストレスを取り除きましょう。

不安、不信、不満、イライラ、カチンとくることなど心の中に悪いのが溜まっていることがある。
溜まった汚れを吐き出す方法を複数持ちましょう。
取り除かないと、脳の流れも「ノー」となり詰まり易い。
複数もつと、実行し易い。
それを見つけて、ぜひ実行してください。

ストレス解消法の一つ。マインドフルネス とは。

溜まった汚れを吐き出す方法を複数持ちましょう。
それを見つけて、実行してください。
その方法の一つ。マインドフルネスとはどんなもの?。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました