健全、良質な情報を取り入れていますか?

幸せの絵手紙の書き方
Pocket

心の健康のほかに道徳的健康も気を付けよう。

健康のために食べるべき食品があり、食べてはいけない食品、多く食べては害になる食品があります。 医師や食の専門家がそのために警告の情報を出しています。 それを参考にするのは良いことではないでしょうか? アレルギーなどで食品に敏感な人ほど、健康のために気を付けるのであれば、 心の健康のために気を付けるのは当然ではないでしょうか。 体の健康情報は多いですね。 健康に良いとされる食べ物が見直されたり、新しい発見がなされることもあります。 それは、今まで良いと思っていたもの(誤解していた)が崩れることです。 道徳的な健康というものの見方があります。 情報についても、「より真実なもの」「道徳的に健康に良いもの」を取り入れて、 その成果を子供や若い世代に知らせるのが良いと思えます。

偏ったり、まじめと思われるのを怖がらない。心理学的な勝利。

日本人のほとんどは対人不安を抱えています。 子供も大人も高齢者も「人並みに」という意味で対人不安を持っている。 周りの人や友人も話す相手も「人の目を気にして」います。 空気を読めない、周りの人と話(情報)が合わないと言われるのを恐れている。 嫌いな情報を避けていると、周りの人と話が合わないことがあります。 心理学的には、一歩前進、勝利の時です。 自信と確信を持ってください。「私は周りに振り回されない」と。 人からどう見られるか気にしている(負けている)周りと比べて、健全であるという満足感を持ちましょう。 見るのを選べる情報か、止められる情報か。 ドラマや映画はストーリー性があるので、展開も結末も分からない。 すると、最後まで見てしまう。 見終わって、だいぶ無駄な時間を過ごしてしまった。 明日の仕事に差し支えるかも、と心配して眠れない。 テレビ番組も、内容を確かめて見るものの、内容を選べない。 嫌ならチャンネルを変えるしかない。 好みのタイトルの載った雑誌の場合はどうだろうか。 目次で、好きなところを選び、見るのを止めたり再開も自由だ。 その番組の内容が、精神的にマイナスの影響を与えるものが多い。 極端に暴力的なのは少ないとしても、ドラマの中では嫌なセリフが出る。 人をいじめたり、からかったり、ねたんだり、恨んだり、巧みな嘘でごまかしたりが多い。 そんなのは当たり前と思う人が多い。 健康に良いものを効果的に食べていますか?情報も同じでは? 胃の弱い人は、小さくても有害な食べ物を食べるのは病気を悪化させる。 健康のために食べるべき食品があり、食べてはいけない食品、多く食べては害になる食品があります。 医師や食の専門家がそのために警告の情報を出しています。 それを参考にするのは良いことではないでしょうか? アレルギーなどで食品に敏感な人ほど、健康のために気を付けるのであれば、 心の健康のために気を付けるのは当然ではないでしょうか。 健康に良いとされる食べ物が見直されたり、新しい発見がなされることもあります。 それは、今まで良いと思っていたもの(誤解していた)が崩れることです。 情報についても、「より真実なもの」「より心の健康によいもの」を調べて、その成果を知らせるのが良いと思えます。 情報も画像も、食べ物だと同じ。 自分の心に良いものを選びましょう。 友人に合わせて刺激の強いものは避けるのが賢明です。 その効果は食べ物と同じで「後から結果が現れて」きます。

ニュースでさえ見ていいものと見ない方がいいのがある。

様々な情報やニュースに接している現代。 それを、見るべきでないものと見た方がいいなどというのは「私の勝手でしょう」というのが多いかもしれません。 テレビでニュースを見る人は多い。受動的で選択できない。 ネットやスマホで「国内」「スポーツ」と分けて選択できる方がいい。 時間も無駄にならない。しかし、広告の種類はこちらが悪質なのが多いので注意しよう。 健康のために食べるべき食品があり、食べてはいけない食品、多く食べては害になる食品があります。 医師や食の専門家がそのために警告の情報を出しています。 それを参考にするのは良いことではないでしょうか? アレルギーなどで食品に敏感な人ほど、健康のために気を付けるのであれば、 心の健康のために気を付けるのは当然ではないでしょうか。 健康に良いとされる食べ物が見直されたり、新しい発見がなされることもあります。 それは、今まで良いと思っていたもの(誤解していた)が崩れることです。 情報についても、「より真実なもの」「より心の健康によいもの」を調べて、その成果を知らせるのが良いと思えます。 もちろん、個人差があり、見解、思想も多様です。 そこにある、普遍的な「原則」を認めましょう。

見るのを選べる情報か、止められる情報か。

ドラマや映画はストーリー性があるので、展開も結末も分からない。 すると、最後まで見てしまう。 見終わって、だいぶ無駄な時間を過ごしてしまった。 明日の仕事に差し支えるかも、と心配して眠れない。 テレビ番組も、内容を確かめて見るものの、内容を選べない。 嫌ならチャンネルを変えるしかない。 好みのタイトルの載った雑誌の場合はどうだろうか。 目次で、好きなところを選び、見るのを止めたり再開も自由だ。 その番組の内容が、精神的にマイナスの影響を与えるものが多い。 極端に暴力的なのは少ないとしても、ドラマの中では嫌なセリフが出る。 人をいじめたり、からかったり、ねたんだり、恨んだり、巧みな嘘でごまかしたりが多い。 そんなのは当たり前と思う人が多い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました