世界的な危険が増大し、ストレスも増大する時代に突入した。

幸せとストレス克服
Pocket

困難な時代のストレス対処の方法

1.ストレスについて、どの程度理解されているか
対処する方法と解消する方法の違い。
ストレス解消法とリラックス方法とはどのように違うのか

2.ストレスに強い人はどんな人だろうか。
3.ストレスのレベルと、対処能力の向上について。

知っておくべきこと

これまで、多くの識者がストレスについてネット上で情報を提供してこられました。
しかし、今必要とされている現実的な情報はあるでしょうか?
多くの場合、ストレスが人間の心に与える影響は原則として変化はありません。
変わっているのは、ストレスを与える社会的な環境とストレスを受ける人間の変化です。
100年に一度の災害に対処するための「ストレス対処法」が通用することがあることでしょう。
しかし、500年に一度の災害や千年に一度、5千年に一度の災害、いまだ人類が経験したことがないような災害(ストレスとなる社会現象)が起きており、これからも起こりえる兆候があるからです。

世界的な危険が増大しのストレスも増大する時代。

将来のことは誰でも分からないと言います。
それでも、今はどんな時代かと問われると、過去を思い巡らし最近のできごとを踏まえると「皆、一様に難しい時代、何があるか分からない時代だ」と言います。

この記事を書いているのは、2000年3月です。
新型コロナウィルスで混乱し感染者が増加している時です。
近年は世界中で気候変動があり、自然災害は百年に一度や今までに無い危険な災害の警報がたびたび発表されています。地震や津波の危険などの自然災害が増えています。
加えて今回の流行病や難しい病気も増えています。

便利になった電子機器ですが、それを利用した仮想通貨、サイバーテロ、ネットの犯罪は増えて、取り締まりや制御はできていません。便利さが進む一方でマイナス面が増大しているのも事実です。
それが今の時代の特長と言えるのではないでしょうか。

困難が増える時代の影響を受けて「メンタル不調者」が増えている。

厚生労働省の調査でもうつ病などの気分障害で医療機関にかかっている患者数は増えています。
2014年は111万人を上回っています。
過労死という深刻な問題も増えています。
ストレスの影響は自殺者の数字に表れています。年間3万人を超えたとか、下回ったと発表されています。

ストレスの影響は、そのほかにも社会全体に及ぼしています。
自分はストレスに強いと思っている人は特に「まさか自分が」と思うようです。
空気を吸っているすべての人がウイルスに気を使うのが当然ですが、
それと同様にすべての人が「難しい時代の汚れた空気・ストレス」の影響を受けます。

ますます仕事の環境は厳しくなり、生活環境も厳しくなる。

ストレスのことを「寒さ」と表現する心理学者もいます。
その論理からいえば、ますます寒くなっているわけですから、着る物を厚くしないと苦痛です。
厚く重ね着していかなければなりません。
行動するには動きにくい、快適ではないものの働くためです。
もう一つの選択肢は、厚さを抑えた「薄くても温かい素材で作った衣類」を使うことです。

これは、技術革新によるものです。
私たちは、この種の「強いストレスに耐えられる新しい衣類」を身につけるようにしたいと思います。
しかし、ネット上でも実際にも「古い、厚い、身につけるのが難しい」衣類しか見当たりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました