ストレス過剰になった場合の主な病気・まとめ

幸せの絵手紙の書き方
Pocket

頭痛、腹痛、下痢、風邪、高血圧、脂質異常症、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、過敏性調整症、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、甲状腺機能亢進症、リウマチ、がん、慢性とう痛、うつ病、不安障害、睡眠障害、自律神経失調症などに関係。

神経系

神経はアドレナリンやコルチゾールといったホルモンを分泌します。
そのため、心拍数の増加、血圧や血糖値の増加を促します。

 

過剰なストレスによって現れる症状は
イライラする。不安になる。うつ状態になる。頭痛。不眠などです。

 

ストレスが神経系にプラスに作用することもある。
警官や格闘家、スポーツ選手、警備員などが危険に対して瞬時に対応できる働きがあること。

 

筋肉系

ストレスのダメージから身を守るために筋肉が緊張します。
過剰なストレスによる反応は
体のうずき、痛み、緊張型頭痛、筋肉のけいれん。

呼吸器系

 

多量の酸素を取り入れるために呼吸が早まります。
過剰なストレスによる症状は、
過呼吸、息切れ、あくび、それが引き金となっておきるパニック発作。
動悸、息苦しさ、疲れ易い。

循環器系

\n\n\n\n

全身に血液を送るために、心臓の鼓動が速まります。
筋肉などの重要な器官に血液を集中させるため、血管が収縮したり拡張したりします。

 

過剰なストレスにより現れる症状は、
高血圧、脳卒中、心臓発作  など命に係わることもあります。

 

内分泌系

分泌線が アドレナリンやコルチゾール などのホルモンを出し、ストレスに対する反応を促します。
肝臓は血糖値を上げてエネルギーを供給します。

過剰なストレスにより現れる症状は
糖尿病、免疫力低下に伴うさまざまな病気、気分変動、体重の増加。

 

消化器系

食物を消化する器官が低下します。
過剰なストレスによって現れる症状は、吐き気、嘔吐、下痢、便秘。

生殖器系

性欲が減退し、性機能が低下します。
過剰なストレスにより現れる症状は、勃起障害、生理不順。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました