ストレス対処法を誰でも知って、備えておくべき理由がある。

Pocket

誰でもストレス対処法を身につけておくべき理由。

お金がある人が必ずしも幸福だとは限らない。
何かの能力が高いからと幸福とは言えない。
人間は赤ちゃんから老人まで、皆ストレスを抱えている。
何の緊張感もなく、不足感も感じないなら、生きているとはいっても幸せではない。
赤ん坊でさえ、お腹がすくと空腹を訴え、ミルクを飲むと安心して眠る。
お腹がすくこと、不快なことを感じることは、幸福のために必要だと分かる。

簡単なストレス対策、それは適度を知り、適度を満たすこと。

食べると幸福感が深まります。でも、つい食べ過ぎてしまうと、新たな問題になり、ストレスが増えてしまいます。適度にバランスよく食べることが無意識のうちにできるものではありません。自分の体のつくり、今の状況をある程度知るにはたくさんの検査をしなければ分かりません。心、つまり精神的なことも、自分では気が付きにくい、ほとんどわかっていないと言えます。

手や足に擦り傷をつけたことがある人は、その傷が数日のうちに自動的に消えていたという経験があるでしょう。人の心にもそのように自動的に傷を小さくする働きがあります。傷が深かったり、悪い菌が入ったりしてその限界を超えてしまうことがあるなら、それが「悪いストレス」です。

防御能力を超えない適度なストレスは「良いストレス」です。
適度を超えた「悪いストレス」には個人差があり分かりにくいものです。
分からなくて当然で、分かるようになるには学習や訓練も必要です。

問題がおきても幸福を得るにはどうしたらいい?

医者や科学者、専門家はその道において詳しいことは知っています。
あなたは、体のここがなんとなく苦しい時、病院では異常は見つからないという経験はありませんか?自分でもわからない、病院でもわからない、いったいどうすればいい?

結局、病院で検査を受けることを含め「自分で調べること」です。
自分で選択し決めることです。そのようにして、自分に合ったリラックス法を見つけることです。同様に、強いストレスにも立ち向かえる対処法を「自分で納得して」身につけていきましょう。

楽な方法ではなく、「自分に必要な対処法」を選ぼう。

簡単なストレス対策とは何でしょうか?
美味しいものを食べたり、元気に体を動かしたり、ゆっくり休みよく眠ることでです。
それが、毎日簡単に実行できているかといえば、ノーです。
基本的な本能を満たすことは簡単ではなく、適度の心身に良い食べ物さえ自動的には手に入りません。母親のような存在がいつもいるわけではありません。

まして人間が社会的な生き物、他の人との関係で生きている以上、不足感やストレスが増え複雑になります。現代人は歴史上最も科学や文化が進んでいると思う人が多いでしょう。ところが、ストレスの質、量ともに「歴史上最も難しい時代、ストレスの多い時代」に生きていると認める専門家が多いことを自覚しましょう。

まとめ

確かに、周りの人に合わせる生活をしていると、安心できます。今は情報の量が多過ぎるほどたくさんあります。良い情報と思っても、害になる情報が多くあります。宣伝する技術が巧みなので、感覚的に良い悪い、本物と偽物、真実と偽善は見分けられない時代になっています。一人一人がさらに大きなストレスに耐えられるように、乗り越えられるように、「自分に合ったストレス対処法」を身につけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました