ストレスを知り、理解しさらに励ますには。

Pocket

本来の励ましの言葉は、相手の本当の心を知らなければ思い浮かべることができない。

普段の生活では外見を装い、心の中を見せることなく過ごすことができる。

心の中を打ち明けてもらうのは簡単なことではありませんが、できます。

1.励ましの言葉を送る前に、心の扉を開く努力をしよう。

心を打ち明けてもらうためにするべきことがある。

初対面から、心を打ち明ける人はいません。

直接、会って聞きだすのが一般的です。文書や電話やメールよりも効果的です。

ですが、聞き出すのも簡単ではないことは当然です。手順を踏む必要があります。

殆どの人が、衣服を身に付けているように、心をを守るものを付けているのからです。

軽装の人もいますが、中には鎧のような硬いものを身につけている人もいます。

一般の人でも「仲間や信頼できる人」の前でしか、その衣服を脱ぐことはありません。

ここでは、あくまでも一般的な衣服を脱ぐように想定して話をしていきます。

ここでは、あくまでも一般的な衣服を脱ぐように想定して話をしていきます。

第二は、何が重要か、考えてもらうことです。

2.人が、感じる根源的な痛み(ストレス)を理解しておこう。

人が、感じる根源的な痛みとして次のようなものがあります。

  • 恐怖 – 人は希望では動かないが、恐怖を感じると必ず動く。例えば、お金がなくなり惨めな思いをするという恐怖から、経済的に成功したいと思う。人に見放されるという恐怖から、コミュニケーションがうまくなりたいと思う。
  • 退屈 – 実は、私たちは誰もが、生きる目的のない、ハリのない毎日を恐れている。そのため、退屈な現状を変えて、刺激のある毎日を暮らしたいと思っている。無粋な話だが、熟年離婚の大きな原因の一つもこれにあるだろう。
  • 無能 – 誰でも自分は才能に溢れた人間だと思いたがるものだ。逆に言うと、無能で誰の役にも立たない人間になることに激しい苦痛を感じる。そのため、人は誰でも、自己重要感/自尊心を常に得ていたいと思っている。
  • 孤独 – 当たり前のことだが、人は一人になることを恐れる。他人との、心のふれあいや、つながりがなければ、誰だって生きていくことはできない。
  • 失敗 – 人生の最期の時に、「自分の人生は失敗だった」と 言う方はとても多いらしい。つまり、多くの人が、自分が思い描いていた人生と全く逆の人生を歩んでいる。本心では、「こんなはずではない」と思いなが
  •  

ストレス解消法についての詳しいことは、関連サイトをご覧下さい。

私のストレス解消法のサイト

3.関心を引き付けるためにどうしますか?

 

4.信頼されるために示す話、何が重要か考えさせる質問をしよう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました