ストレスにはどんな良い面と悪い面があるの?

Pocket

ストレスの言葉の意味についてこう説明されています。

1)生体に、外傷・中毒・寒冷・伝染病・精神的緊張などの刺激が加わったとき、生体の示す反応。俗に、精神的緊張。 「―がたまる」

2)ストレス 【stress】 精神緊張・心労・苦痛・寒冷・感染など ごく普通に見られる刺激が原因で引き起こされる生体機能の変化。一般には、精神的肉体的に負担となる刺激や状況をいう。

3)weblio辞典によると、主な意味は
(重みでかかる物理的な)圧力、重圧、(精神的な)圧迫感、ストレス、精神的重圧、圧迫、強制、緊迫、緊急、緊張

 

4)ネットの百科事典によると    ストレ (生体) – Wikipedia

5)「goo辞書」の説明によると

《生体にひずみの生じた状態の意》寒冷・外傷・精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応。また、その要因となる刺激や状況。

心理学者が本格的に解き明かした「ストレス」の意味について。

ストレスを3つのタイプに分けている。1.害や喪失 2.脅威  3.挑戦
害や喪失とは既に起きたこと、脅威とはこれから起こり得る害や喪失のこと。
挑戦とは、利得に到達するまでには多くの困難が予想されてもあえてその困難に立ち向かうこととされている。

このサイトでは、心理学的な理解を広めており、良性のストレス(3.挑戦)を持つように勧めています。

ストレスについて厚生労働省の資料ではこう言っています。

厚生労働省が考えるストレスとは、「ストレス要因」、「ストレス耐性」、「ストレス反応」を含めたものをストレスと定義づけしています。
ボールで例えると、ストレス要因はボールを押さえつける力、「ストレス耐性」はボールの弾力性「ストレス反応」はボールの歪み

●「ストレス要因」スギ花粉、温度、タバコの煙、仕事の量や質、人間関係、プライベートの状況などです中でも社会的要因(職場問題、家庭問題、経済的問題など)が大きなストレスにつながることが分かっています。

●ストレス耐性は、ストレスがかかった時の個別性です。ボールを押さえつけた時の弾力性です。わたしたちの顔や性格が違うように個人差があります。

●ストレス反応とは、身体面、心理面、行動面にいろいろな反応が生じることです。ボールを押さえつけた時に元に戻るかです。ストレス要因がもたらしたことによって起こされる不安やいらいら、落ち込みなどです。

詳しくはこちらをご覧下さい。「厚生労働省の心の耳」

 

学べるポイントは

ストレスはすべての人にあり、生活全体に及ぶ課題です。
現代社会では仕事上のストレスが多く、社会的な問題になっています。
もちろん、生活のあらゆる分野で様々なストレス課題があります。
できるだけ広い範囲の課題をとりあげます。
原則的なことだけでは伝わりにくく、より具体的な話題が伝わりやすいと思うからです。
一般の人の視点で「心理学的な対処法」と「実際のリラックス法の提案」がキーワードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました